敏感肌でも使える化粧品が登場|綺麗をあきらめない

婦人

保湿と洗顔がポイント

化粧水を持つ女性

不足した水分と油分を補充

乾燥肌は水分の量が少なくなるとともに油分量も少なくなり、表面がかさつきがちな肌になることを指しています。乾燥肌は肌トラブルを招きやすい状態でもあります。角質層の細胞間脂質には水分と油分があります。これが少なくなることで肌を保護する機能が薄れます。その脚気肌自体をデリケートな状態へと導いてしまうのです。さらに放置すると肌トラブルは深刻になり、更なる肌トラブルを招いてしまう結果になります。そのため乾燥肌のスキンケアは、水分と油分をバランスよく補充する事が大事なポイントとなります。角質層の水分と油分が失われる要因は年齢を重ねる加齢もありますが、クレンジングなどのスキンケアの方法が間違っている場合もあります。

洗顔方法に気を付ける

水分と油分を補充することを毎日行ってもクレンジングや洗顔方法を間違っていると意味がありません。そのため適切なスキンケアを行ったうえで、保湿成分を追加するようにしなければならないのです。洗顔方法は泡を利用しできる限り摩擦を避けることです。特にクレンジングには摩擦成分が多く含まれていますので、肌を傷つけやすくなっています。回復力が低下している肌に毎日使用すると肌の回復が追い付かず、肌は弱くなる一方になります。しかし洗顔しないのも問題です。余分な皮脂を洗い流さないことで酸化し毛穴の開きやニキビの要因になりかねないのです。したがって乾燥している状態でも洗顔は毎日行う必要があるのです。乾燥肌のスキンケアにおいて洗顔は最も重要なポイントなのです。